SSL通信とは?市原市の事業者が必要であるかどうかを考える

 

こんにちは、市原市の個人ブロガーです。

今回は「SSL通信」についてです。

 

 

SSL通信とは

 

SSL通信とは「Secure Socket Layer」のことで、

 

インターネット上でやりとりされるデータを暗号化することです。

 

 

この設定を行うことで、

 

フォームに入力されたお問合せや住所などの個人情報を、

 

第三者からの「盗聴」やデータの「改ざん」を防ぐことができます。

 

 

 

市原市の事業者に必要か

 

事業内容にもよりますが、必要だと考えています。

 

それは、Webサイトの信頼性を保証できるためです。

 

サイトがSSL通信されているかどうかは、

 

ディスプレイ画面の一番上のURLのところに、

 

 

(当Webサイト)

 

「保護された通信」と表記されていますので、

 

 

一度ご確認ください。

 

 

未設定でひきおこす恐れ

 

①盗聴

個人情報が知らない人に閲覧される恐れがあります。

閲覧された後、嫌がらせメールや電話が来る可能性があります。

 

②改ざん

知らないうちに、Webサイト上の情報が変更される可能性があります。

発注内容が変更されたら、困ります。

 

③なりすまし

誰かが、あなたのなりすましになる可能性があります。

一番怖いのは、クレジットカードの情報を取得されることです。

 

 

 

SSL通信のメリット

 

①事業者の信頼性が向上する

対応しているかどうかは、サイトを見ただけでわかってしまうので、ユーザーからの信頼を築ける。

 

②Googleからの高評価の可能性

信頼性という観点で、Googleからの高評価が期待できる。

結果、検索からの新規ユーザー獲得につながる。

 

 

おわりに

 

以上「SSL通信とは?市原市の事業者が必要であるかどうかを考える」でした。

 

今日も最後までありがとうございました。

少しずつ、事業者の看板であるWebサイトの「信頼性」を高めていきましょう。

 

「ブログで」私のできること

ここまで読んで頂きありがとうございます。
ブログのことならお任せあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です