社員(従業員)が増加!! 社用メールアカウントの追加・設定【中小企業のブランドを大切に】

 

こんにちは、千葉のまっしゅんです。

 

先日、千葉県市原市のゆうりFP株式会社の四方さんより、このような相談がありました↓

  • 社員の増加に伴う、社員用のメールアドレスの追加と設定
  • 新規事業拡大に向けた、サイトリニューアル

 

堅調に事業が推進されているようで、何よりです。

 

もともと「夫婦2人」でビジネスをされてましたが、ここにきて、増員「2名!!」です。

スゴイですよね。

 

当方としても、インターネット(ホームページ)を使った、マーケティングに、微力ながら貢献できて、嬉しい限りです。

さて、今回は「社員が増加したら…」です。

 

社員が増員!! メールアドレスってどうするよ?

 

中小企業~零細企業の社長さんって、本業で忙しいですよね。

さらに、ここは、千葉県の市原市。

 

都心へのアクセスも悪く…

効率よくビジネスを推進していきたいんですよ。

 

おっと、話は逸れましたが、事業拡大に伴い、社員増員です。

 

今の情報時代。

インターネット環境の設定も、簡単にできるようになりました。

 

ですが、本業に忙しい社長さんにとっては、その設定が面倒だったりするんですよね。

社長自身が手を動かして…ってなると、時間が非効率で、もったないですし。

 

ってことで、私の登場です!!

 

サクッと、2名分のメールアドレスを作成しました。

というより、今後の、人員増も踏まえ、方法まで伝授しちゃいました。

 

もちろん、独自ドメインを使った「ブランドアドレス」ですよ。

 

社名の入ったメールアドレスの重要性

 

ゆうりFPさんは、独自ドメイン「ulifp.com」を持っています。

初期設定の際に、会社用の「メールアドレス」を設定しました。

 

たとえば…

  • info@ulifp.com
  • mail@ulifp.com

などです。

 

企業のブランドは、とても大切です。

さらに、社用メールは、取引先と毎回、連絡するのに使用するわけです。

 

目にする機会が多いんですよ。

 

「gmail」や「yahoo」のメールアドレスを使っていませんか。

簡単に作れますが、パッと見て、どこの会社か分かりにくいんですよね…

 

一方、社用メールがあれば、どこの会社か一発で、把握することができます。

名前がまだ知られていない中小企業だからこそ、まずは、知ってもらえる「大チャンス」なのです。

 

「細部に」神様は宿る。

細かいかもしれませんが、こういった「ブランドイメージ」が、後々、効いてくるんですよね。特に日本人は…。

 

なので、「社用メールアドレス」は、絶対おススメです。

 

従業員用のメールアドレス

 

んで、社用のメールアドレスを設定しました。

従業員が増員した場合、どうしたらよいのでしょうか。

 

一般的には、苗字が使われます。

 

たとえば、従業員の名前が「田中さん」と「佐藤さん」だったら…

  • tanaka@ulifp.com
  • sato@ulifp.com

ってな感じです。

(実名ではありません、例です。)

 

なんだか、田中さんも、佐藤さんも、

立派な営業マン? に見えて来ましたね。

 

仮に「gmail」だったら…

  • tanaka55@gmail.com
  • m.satou@gmail.com

見たく、すでに、アドレスが他人に取得されているため、数字やイニシャルを入れる必要があります。

 

…とても、企業の従業員とは思えません。

通販のメルマガに登録されているようなメールアドレスの印象です。

 

実は、従業員もハッピー?

 

さらに、

従業員が、企業独自のメールアドレスを持てたら、どうでしょう。

 

これから、

  • 新たな職場で働こう!!

というとき。

 

独自のメールアドレスを持てたら、ちょっとハッピーになりませんか。

そうです。大切な社員の帰属意識が高まることにも、繋がるんです。

 

ここまで来た、社長さんなら知っているはず。

従業員のモチベーションが、中小のビジネスには、とても大事なんだって。

 

ってことで、必ず、企業独自のメールアドレスを設定して、あげてくださいね。

 

おわりに

 

以上「社員(従業員)が増加!! 社用メールアカウントの追加・設定【中小企業のブランドを大切に】」でした。

 

取引先が目にする頻度が高いため、必ず「企業ブランドのメールアドレス」を使うことをオススメします。

その一歩一歩が、地域に認知され、優良な中小企業となることに繋がるんだと思います。

 

今後の発展に期待しております。

今日も最後までありました。

 

「ブログで」私のできること

ここまで読んで頂きありがとうございます。
ブログのことならお任せあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です